コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西原亀三 にしはら かめぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西原亀三 にしはら-かめぞう

1873-1954 明治-昭和時代の実業家。
明治6年6月3日生まれ。40年朝鮮に共益社を設立,綿製品販売に従事。寺内内閣の中国政策に関与し,段祺瑞(だん-きずい)政権への借款(西原借款)供与を推進したが,大部分が回収不能となり,国民から非難をあびた。昭和13年以降は郷里の京都府雲原村(福知山市)で農村改良運動をすすめた。昭和29年8月22日死去。81歳。自伝に「夢の七十余年」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にしはらかめぞう【西原亀三】

1873‐1954(明治6‐昭和29)
明治末から昭和期の実業家,政治運動家。京都府与謝郡雲原村(現,福知山市)の西原忠右衛門の長男に生まれる。小学校を卒業し家業の製糸業を手伝う。糸価暴落と父の死で京都から東京へと苦学を重ね,郷里の先輩神鞭(こうむち)知常の知遇をえてアジア問題に関心をもつ。日露戦争後朝鮮で綿糸布の販売,ロシアとの貿易に従事,寺内正毅朝鮮総督に知られる。1916年帰国して寺内内閣の組閣に関与。同年末寺内首相の私設使節として中国に渡り西原借款の成立に尽力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西原亀三の関連キーワード西原小まつ西原 亀三勝田 主計大陸浪人昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android