コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村陽吉 にしむら ようきち

2件 の用語解説(西村陽吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村陽吉 にしむら-ようきち

1892-1959 大正-昭和時代の歌人。
明治25年4月9日生まれ。東京の東雲堂(しののめどう)書店の養子となり,石川啄木(たくぼく)「一握の砂」,斎藤茂吉「赤光」などの詩歌集を出版。自身も土岐善麿(ぜんまろ)らの影響で生活派的な歌をつくった。昭和34年3月22日死去。66歳。東京出身。旧姓は江原。本名は辰五郎。歌集に「都市居住者」「街路樹」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西村陽吉
にしむらようきち
(1892―1959)

歌人。東京生まれ。本名辰五郎。『創作』『朱欒(ざんぼあ)』『生活と芸術』を発行する東雲堂書店の養子となり、詩人・歌人と交流。土岐哀果(ときあいか)(善麿(ぜんまろ))の『生活と芸術』に参画する。大正期、社会主義的・生活派的な傾向をもつ歌誌を次々と出し、のち口語短歌に移行して、口語歌誌『芸術と自由』を創刊する(1925)。歌集に三行書きの処女歌集『都市居住者』(1916)ほかがあり、評論家としても活躍、昭和初期アナーキズム短歌の提唱をした。
 朝の街にすでに並んで元気よく路を掘つてる無産者の群れ[岩田 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西村陽吉の関連キーワードチベット問題イタリア映画ルナ恐怖映画フィルムは生きている安保闘争VIVOカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone