コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケン

デジタル大辞泉の解説

けん【見】

物事の見方・考え方。見解。「皮相の
「学博く―高し」〈露伴・露団々〉
見るだけで買わないこと。ひやかし。素見(すけん)。
「遊女の―して帰るなど」〈浮・娘気質・一〉

けん【見】[漢字項目]

[音]ケン(呉)(漢) ゲン(呉) [訓]みる みえる みせる まみえる あらわれる
学習漢字]1年
〈ケン〉
みる。みえる。「見学見物見聞一見所見書見拝見
人に会う。「見参引見謁見会見接見
あらわれる。「露見
見かた。考え。「見解見地意見私見識見政見浅見卓見定見偏見予見
〈み〉「見所味見形見姿見花見夢見
[名のり]あき・あきら・ちか・み
[難読]左見右見(とみこうみ)見蕩(みと)れる・傍見(わきみ)

み【見】

見ること。また、見える状態。多く、他のと複合して用いられる。「姿」「月
「山見れば―のともしく川見れば―のさやけく」〈・四三六〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けん【見】

ものの見方。考え。見識。 「皮相の-」 「何事につけても、人に殊なる-を立て/即興詩人 鷗外
遊里をひやかすこと。素見すけん。 「茶屋の戸をたたきて、遊女の-して帰る/浮世草子・娘容気」
見所みどころ。 「餞別となしてなほ-あり/去来抄」

み【見】

見ること。他の語と複合して用いる。 「花-」 「月-」
ながめ。 「山見れば-のともしく川見れば-のさやけく/万葉集 4360

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見の関連キーワードOpen Book Examination縦から見ても横から見てもしもて<ステージ用語>かみて<ステージ用語>月夜見・月読みシュトラウスムハンマドウォーナー見ての通りストラウスシュタインジャンセン浮世草子ヤンセンマイヤー見間違いギルマン見がてらワーナーモハメド

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見の関連情報