見積書(読み)みつもりしょ

  • (written) estimate
  • estimate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

将来発生するであろう価格を事前に算出し,その内容を具体的に表示,記載した書類。特に請負契約売買契約の場合には,注文側が業者に見積書を提出させて検討し,双方意向が合致したところで契約が成立するため,重要な意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商品売買または請負に際し所要のすべての費目を計数的に算出することを見積りといい、その内容を記載した文書を見積書という。国内では、大口取引や大工事の請負にはかならず見積書が要求され、売買契約または工事請負契約は、まず見積書の検討に始まり、これに関する関係者双方の意思が合致したとき初めて成立する。国際貿易では、金額の多少に関係なく商談の交渉必須(ひっす)文書として見積書すなわちエスティメートが用意される。貿易の常例によれば、輸出商は、輸出品の仕入値段を基礎とし、それに当該輸出品の改装・輸送・輸出諸経費・予定利益を加算して、輸出品の対外販売価格を見積もる。また輸入商は、輸入品の供給国売価を基礎とし、輸送・輸入諸経費・関税等を加算して、輸入品の自国着値段を見積もる。いずれにせよ見積書の最終重要項目は価格にあるが、見積書はその内容構成の適切性を明示するものでなければならない。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 見積もりを書きしるした書類。みつもりがき。
※覿面(1895)〈斎藤緑雨〉「他店の見積書を持て行けば一割安く借ることもできて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見積書の関連情報