コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覿面 テキメン

デジタル大辞泉の解説

てき‐めん【×覿面】

[名・形動]《「覿」は見る意》
面と向かうこと。まのあたりに見ること。また、そのさま。転じて、まのあたり。目前。
「―に死と相見ているものは、姑息に安んずることを好まない」〈鴎外青年
効果・結果・報いなどが即座に現れること。また、そのさま。「覿面な薬の効果」「天罰覿面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきめん【覿面】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「覿」は見る意〕
結果・効果が即座に現れる・こと(さま)。 「効果-」 「天罰-」 「薬が-に効く」
まともに見ること。面と向かうこと。また、そのさま。 「 -に日常生活に打つ付かつて行かなくては行けない/青年 鷗外
見ている前。その場。即座。 「 -に勝負を決せん/太平記 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

覿面の関連キーワード罰は目の前章章・彰彰天罰覿面太平記効果即座

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android