常例(読み)じょうれい

精選版 日本国語大辞典「常例」の解説

じょう‐れい ジャウ‥【常例・定ヂャウ例】

〘名〙
① いつものしきたり。きまりになっている方法、方式。ていれい。
※続日本紀‐天平三年(731)正月乙亥「庭火御竈四時祭祀。永為
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉五「定例(ヂャウレイ)のふでかしが舩中徒然をなぐさむる笑ひの種となれるより」 〔北斉書‐李広伝〕
② いつものやり方。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉三四「同居人の或る者は屋賃を溜め置て逃亡するが常例(ジャウレイ)にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「常例」の解説

【常例】じよう(じやう)れい

慣例。〔北斉書、文苑、樊伝〕(天保年~の策問に、、當時第一と爲る。左僕射楊~曰く、高ければ常例に依らずと。特に之れを奏用す。

字通「常」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android