コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑院 かんいん

大辞林 第三版の解説

かんいん【閑院】

藤原冬嗣の邸宅。二条大路南・西洞院西の方一町の地。平安末から鎌倉中期には各天皇の里内裏さとだいり。1259年焼失。
藤原師輔の子公季きんすえに始まる北家藤原氏の一支流の家名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんいん【閑院】

平安初期の藤原冬嗣にはじまる邸宅。平安京二条大路の南,西洞院の西。方1町の広さ。東西を東三条院堀川院の南北2町の豪邸にはさまれ,これら3邸はいずれも摂関家とのかかわりも深く里内裏になることが多かったことで有名。冬嗣のとき唐風好みの嵯峨天皇が行幸し風雅な饗宴が催された。その後,藤原兼通が所有し,子の朝光も一時期居住した。それは当時,隣の堀川院にいた円融院が朝光の家の桜を一枝所望し,2人の間で歌のやりとりがあったことからもわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の閑院の言及

【里内裏】より

… またこの傾向は,一面では里内の内裏化を促し,その造営に当たって平安内裏の主要な機能を取り入れ,里内裏のうちの中心的な皇居=本所の地位を占めるものも現れた。鳥羽,崇徳,近衛3代の皇居となった土御門烏丸殿はその早い例であるが,さらに鎌倉時代に入って,幕府により造営された閑院は,紫宸殿・清涼殿をはじめ,平安内裏の後宮諸殿舎を除く表向殿舎の規模が本格的に取り入れられ,後鳥羽天皇以後8代の本所的皇居とされた。その間,後堀河天皇の1227年(安貞1)大内が焼亡廃絶したため,閑院は平安内裏に取って代わる皇居となったが,その閑院も後深草天皇の1259年(正元1)に焼失した後は再建されず,当時の持明院・大覚寺両皇統対立の情勢を反映して,前者は富小路殿を,後者は万里小路殿・二条殿を主要な皇居とした。…

※「閑院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閑院の関連キーワード妙法院宮真仁法親王聖護院宮盈仁法親王閑院宮深仁法親王閑院宮直仁親王直仁親王(3)閑院宮孝仁親王閑院宮美仁親王閑院宮典仁親王閑院宮載仁親王教仁法親王真仁法親王高丘季起世襲親王橋本実俊直仁親王尊号一件中山愛親元敞女王典仁親王宗恭女王

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑院の関連情報