観智院(読み)かんちいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観智院
かんちいん

京都市南区にある教王護国寺 (東寺) 内の子院で,真言宗勧学院の役割をもった寺院。客殿棟札や墨表により慶長 10 (1605) 年の建立が明らかである。保存もよく,桃山時代の典型的な客殿形式を示す貴重な遺構で,国宝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

観智院

生年:生没年不詳
室町幕府6代将軍足利義教の室。日野重光の娘。宗子。同じく義教室となり,義勝,義政を生んだ重子の姉に当たる。<参考文献>田端泰子『日本中世の女性』

(西尾和美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんちいん【観智院】

京都市南区の東寺(教王護国寺)の塔頭(たつちゆう)の一つ。後宇多法皇は空海に深く帰依し,1308年(徳治3)2月,東寺興隆のための6ヵ条の立願を行った。それにもとづいて21(あるいは15)の塔頭が建立されるが,観智院はその一つである。当院初代の杲宝(ごうほう)は,東寺最高の学僧で,南都北嶺その他から多数の聖教類を収集し,東寺教学の基礎を築いた。現在,観智院金剛蔵聖教と呼ばれているのはそれで,量質ともに日本の聖教のうちで最高のものの一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんち‐いん クヮンチヰン【観智院】

京都市南区九条町にある教王護国寺(東寺)の塔頭(たっちゅう)の一つ。後宇多天皇勅願の二十一か寺の一つで、杲宝(ごうほう)を開山とする。客殿は桃山式の書院造りで国宝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の観智院の言及

【東寺】より

… 工芸品では〈海賦蒔絵袈裟箱(かいぶまきえけさばこ)〉(国宝,平安中期)や伝弘法大師請来の密教法具(国宝,金剛盤,五鈷鈴(ごこれい),五鈷杵(ごこしよ))などがあげられる。なお子院の観智院客殿(国宝,1605)は東南隅の座敷に床と違棚を設け,北隣の部屋には付書院と帳台構(ちようだいがまえ)をもち,書院造建築の典型である。【谷 直樹】。…

※「観智院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android