コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観桜会 カンオウカイ

3件 の用語解説(観桜会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんおう‐かい〔クワンアウクワイ〕【観桜会】

桜の花を観賞するために催される会。花見の会。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんおうかい【観桜会】

桜の花を観賞する会。
四月中旬、天皇主催で催された観桜の宴。観桜御会。1938年(昭和13)廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観桜会
かんおうかい

第二次世界大戦前に天皇主催で行われた桜花観賞の行事。観桜御宴ともいう。毎年4月中旬(日は不定)に開催。第1回は1881年(明治14)4月吹上御苑(ふきあげぎょえん)で開かれ、皇族、大臣、参議、各国公使、来日中のシャム王族などが招かれた。これは前年11月の観菊会と同じく、皇室外交を通して条約改正を促進させる意図のもとに開かれたもので、以後年中行事となる。83年より浜離宮で行われることとなり、招待者も官吏や軍人にまで広がった。1917年(大正6)から会場は新宿御苑に移されたが、38年(昭和13)に日中戦争のため廃止された。戦後の皇室園遊会は往時の観桜会、観菊会にあたる。[山内まみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観桜会の関連キーワード花見観桜観菊観月会観梅花見時花物桜の宮花見の仇討花見団子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観桜会の関連情報