コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角倉船 すみのくらぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角倉船
すみのくらぶね

(1) 17世紀初め,京都の商人角倉了以とその子与一が朱印状を受けて,安南国の東京 (トンキン) などとの貿易に従事させたいわゆる御朱印船の一つ。京都の清水寺に寛永 11 (1634) 年奉納された絵馬によると,3本マストの日本前型の船とみられる。同3 (26) 年にシャムへ渡航した船は,乗客,船員ともで 397人も乗っており,およそ 500t級の大型船と推定される。 (2) 慶長 11 (1606) 年,角倉了以が京都と淀川沿いの伏見との間に高瀬川を開削して高瀬船 (川船の一種) を就航させ,その後天竜川などで同型の高瀬船を使用した際,角倉了以の名にちなんで角倉船と呼んだもので,朱印船とはまったく別の小型の川船である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すみのくらぶね【角倉船】

御朱印船の一。江戸初期、朱印状を得て安南・東京トンキンなどと貿易を行なった角倉了以の貿易船。
江戸時代、天竜川に就航した高瀬舟の別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の角倉船の言及

【天竺徳兵衛】より

…播磨国高砂の出身。1626年(寛永3)には角倉(すみのくら)船の船頭前橋清兵衛の書役として,また30年にはヤン・ヨーステンの船に乗船して中天竺(シャム)に渡航した。1707年(宝永4)徳兵衛は両度の渡海と東南アジアの寄港地の見聞を長崎奉行所に提出したが,これが世上に流布して《天竺徳兵衛物語》《渡天物語》などと称された。…

※「角倉船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角倉船の関連キーワード角倉素庵高瀬舟

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android