コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角屋七郎次郎 かどや・しちろうじろう

1件 の用語解説(角屋七郎次郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

角屋七郎次郎

没年:慶長19.6.19(1614.7.25)
生年:生年不詳
近世初頭の伊勢大湊の海運業者。父は七郎次郎元秀,母は魚名氏娘。名は秀持。本姓松本氏。祖先は永享年間(1429~41)信濃国(長野県)松本の出身といわれるが,伊勢(三重県)山田,次いで大湊,さらに松坂に移った。代々七郎次郎を称した。父元秀は廻船業に従事し,大湊の町方の自治組織にも関係したと伝えられる。角屋が有名になるのは,この秀持の代で,天正10(1582)年6月本能寺の変の際,たまたま上京し堺見物をしていた徳川家康の生涯の危機とされた「伊賀越」のとき,伊賀越えをした家康を伊勢の白子の松浦から持ち船で尾張(愛知県)の常滑まで渡し,危難を救った。以来角屋七郎次郎は松坂を本拠とし,徳川氏の御用商人として,家康の領内の各港に廻船自由の特権を付与された。その後,家康の合戦には船舶による軍需品の輸送に協力して貢献し,特権を有した。なお紀州徳川氏にも松坂の有力町人として優遇された。のち一族が安南国交趾(インドシナ半島)で貿易家として活躍している。角屋は伊勢の特権町人として,代々松坂で栄えたが,資料が戦後散佚して,詳細はよくわからない。<参考文献>『南紀徳川史』第7冊,『角屋関係文書集』(伊勢市神宮徴古館蔵),豊田武『増訂中世日本商業史の研究』,川島元次郎朱印船貿易史』,岩生成一『朱印船貿易史の研究』,『安南記』(田中久夫校訂『国民精神文化』8巻7号),桜井祐吉『安南貿易家角屋七郎次郎兵衛附松本一族』

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角屋七郎次郎の関連キーワード海運業伊勢大神宮奉教人伊勢踊角屋七郎次郎(2代)角屋七郎次郎(3代)能代伝吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone