コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言ふ甲斐無し イウカイナシ

デジタル大辞泉の解説

いうかい‐な・し〔いふかひ‐〕【言ふ×斐無し】

[形ク]
言ってもその効果がない。
「あやしがりいへど、使ひのなければ―・くて」〈・二七七〉
言ってみても取り返しがつかない。特に、死ぬことを遠回しにいう。
「さこそ強がり給へど、若き御心にて、―・くなりぬるを見給ふに、やるかたなくて」〈・夕顔〉
言うだけの値打ちがない。言うに足りない。
「あかず口惜しと、―・き法師、童も、涙を落としあへり」〈・若紫〉
見苦しい。ふがいない。→言い甲斐無し
「女、親なく頼りなくなるままに、もろともに―・くてあらむやはとて」〈伊勢・二三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いうかいなし【言ふ甲斐無し】

( 形ク )
いまさら言っても仕方がない。 「今は-・き宿世なりければ/源氏 帚木
取るに足りない。 「 - ・き下衆のうちうたひたるこそいと心うけれ/枕草子 310
取り返しがつかない。「死ぬ」の婉曲えんきよくな表現。 「 - ・くなりぬるを見給ふに、やるかたなくて/源氏 夕顔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone