コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言ふ甲斐無し イウカイナシ

2件 の用語解説(言ふ甲斐無しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いうかい‐な・し〔いふかひ‐〕【言ふ×斐無し】

[形ク]
言ってもその効果がない。
「あやしがりいへど、使ひのなければ―・くて」〈・二七七〉
言ってみても取り返しがつかない。特に、死ぬことを遠回しにいう。
「さこそ強がり給へど、若き御心にて、―・くなりぬるを見給ふに、やるかたなくて」〈・夕顔〉
言うだけの値打ちがない。言うに足りない。
「あかず口惜しと、―・き法師、童も、涙を落としあへり」〈・若紫〉
見苦しい。ふがいない。→言い甲斐無し
「女、親なく頼りなくなるままに、もろともに―・くてあらむやはとて」〈伊勢・二三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いうかいなし【言ふ甲斐無し】

( 形ク )
いまさら言っても仕方がない。 「今は-・き宿世なりければ/源氏 帚木
取るに足りない。 「 - ・き下衆のうちうたひたるこそいと心うけれ/枕草子 310
取り返しがつかない。「死ぬ」の婉曲えんきよくな表現。 「 - ・くなりぬるを見給ふに、やるかたなくて/源氏 夕顔

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

言ふ甲斐無しの関連キーワード甲斐無い曲がない然ればと言って只働き何と言っても一と言って二とないさてもその後上薬相殺効果混み合い効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone