コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計会帳 けいかいちょう

3件 の用語解説(計会帳の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けいかいちょう【計会帳】

律令制下、地方官が一年間の公文書の目録を記して太政官に提出した帳簿。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいかいちょう【計会帳】

日本古代律令制における公文書の一つ。その起源は隋,唐の律令制にあり,日本はこれを継受して,大宝令,養老令では公式令にその書式が定められていた。律令制のもとでは,官司相互に伝達される行政命令,行政報告は公文書によるのを原則とした。計会帳は,そのような公文書が確実に伝えられたか否かを確認するために毎年諸司が作成した公文書で,それには(1)太政官が諸国・諸司に発給した公文書の目録,(2)中央の各官司が他の官司との間で授受した公文書の目録,(3)諸国が授受した公文書の目録,の3種があり,前年8月1日から当年7月末日までの間にそれぞれの官司が授受したすべての文書が記載された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計会帳
けいかいちょう

律令制(りつりょうせい)下において、地方官は中央政府に政務を報告するために4種の帳簿(「四度公文(よどのくもん)」)を提出するが、その一つである朝集帳の付属帳簿(枝文(えだふみ))をいう。諸国の国衙(こくが)が1年間に中央政府や他国との間で授受中継した詔(しょう)・勅(ちょく)・符(ふ)などの公文書を、授受の月日と使人の姓名とともに記帳し、期日までに太政官(だいじょうかん)に提出した帳簿である。太政官では中央諸司主典(さかん)と諸国朝集使の参集のもとで提出された計会帳を監査し、公文書の授受に遺漏がなかったかどうかを確認した。計会帳は正税(しょうぜい)帳とともに律令制地方行政の実態を明らかにするための貴重な資料の一つであり、「出雲(いずも)国計会帳」「伊勢国計会帳」が現存する。[平田耿二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計会帳の関連キーワード公文房戸文章道国符史生省印奏任大斤三授虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

計会帳の関連情報