計会帳(読み)けいかいちょう

大辞林 第三版の解説

けいかいちょう【計会帳】

律令制下、地方官が一年間の公文書の目録を記して太政官に提出した帳簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいかいちょう【計会帳】

日本古代律令制における公文書の一つ。その起源は隋,唐の律令制にあり,日本はこれを継受して,大宝令,養老令では公式令にその書式が定められていた。律令制のもとでは,官司相互に伝達される行政命令,行政報告は公文書によるのを原則とした。計会帳は,そのような公文書が確実に伝えられたか否かを確認するために毎年諸司が作成した公文書で,それには(1)太政官が諸国・諸司に発給した公文書の目録,(2)中央の各官司が他の官司との間で授受した公文書の目録,(3)諸国が授受した公文書の目録,の3種があり,前年8月1日から当年7月末日までの間にそれぞれの官司が授受したすべての文書が記載された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計会帳
けいかいちょう

律令制(りつりょうせい)下において、地方官は中央政府に政務を報告するために4種の帳簿(「四度公文(よどのくもん)」)を提出するが、その一つである朝集帳の付属帳簿(枝文(えだふみ))をいう。諸国の国衙(こくが)が1年間に中央政府や他国との間で授受中継した詔(しょう)・勅(ちょく)・符(ふ)などの公文書を、授受の月日と使人の姓名とともに記帳し、期日までに太政官(だいじょうかん)に提出した帳簿である。太政官では中央諸司主典(さかん)と諸国朝集使の参集のもとで提出された計会帳を監査し、公文書の授受に遺漏がなかったかどうかを確認した。計会帳は正税(しょうぜい)帳とともに律令制地方行政の実態を明らかにするための貴重な資料の一つであり、「出雲(いずも)国計会帳」「伊勢国計会帳」が現存する。[平田耿二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android