コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計数回路 けいすうかいろcounting circuit

世界大百科事典 第2版の解説

けいすうかいろ【計数回路 counting circuit】

1桁もしくは複数桁の数を記憶でき,かつ入力信号によって内容が1ずつ増加もしくは減少するように構成されたディジタル電子回路で,コンピューターや各種の自動制御,計測システムなどの重要な基本構成要素である。 入力があるごとに内部状態が反転するフリップフロップ回路は,二進数を記憶し二進法の加(減)算規則によって計数動作をするので,これを組み合わせて任意数の計数器を作ることができる。n個のフリップフロップ回路は2nまでの数を計数できるが,n以下のm個の入力があったとき初期状態にリセットするようにすればm進カウンターとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計数回路
けいすうかいろ
counting circuitscaling circuitcounter circuit

入ってきたパルス信号の回数を電気的に数える電子回路。放射線粒子や光子の個数計算、周波数や時間の精確な測定、電子計算機の基本構成などのデジタル回路に広く用いられている。フリップフロップで構成した2進計数回路や、その変形であるn進計数回路、リング計数回路などがあり、トランジスタや集積回路を用いて毎秒1億パルス程度は容易に計数できる。また、特殊な放電管や電子管を用いる場合もある。
 2進計数回路の基本回路は、入力パルスを加えると状態が反転し、次のパルスで元の状態に戻るT(またはJK)フリップフロップである。これをn個縦続接続すると2n進計数回路が形成できるが、4個接続した16進計数回路を、計数の途中から論理回路で帰還路をつくると10進計数回路が構成できる。これを一般化したn進計数回路にグレゴリコード計数回路がある。リング計数回路はシフトレジスターを環状に結線したもので、一つのフリップフロップのみを1にセットし、他をすべて0にセットして、シフト(桁(けた)送り)パルスを加えると1の位置がシフトすることを利用している。JKフリップフロップで構成されるが、数に比例してフリップフロップが必要なため、計数用としてでなく、計算機などのタイミングパルス発生回路に使われている。なお、加算・減算の一方向のみに動作するのではなく、加算と減算の両機能をもった回路も構成されており、これを可逆計数回路またはアップダウンコンバーターとよぶ。[岩田倫典]
『米山正雄著『パルスとディジタル回路』(1976・東海大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

計数回路の関連キーワード低周波発振器逆同時計数法同時計数法波高分析器制御装置水晶時計心拍計分周器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android