コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許南麒 ホ ナムギ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

許南麒 ホ-ナムギ

1918-1988 昭和時代後期の詩人。
1918年6月24日朝鮮慶尚南道生まれ。昭和14年(1939)来日。24年日本語による詩集「朝鮮冬物語」で注目される。「火縄銃のうた」(日本語),「祖国にささげる」(朝鮮語)など,両国の言葉で抵抗叙情をうたい,日本と朝鮮の関係,在日朝鮮人の問題をといつづけた。昭和63年11月17日死去。71歳。中央大卒。

許南麒 きょ-なんき

ホ-ナムギ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

許南麒
きょなんき / ホナムキ
(1918―1988)

詩人。慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)東莱(とうらい/ドンル)生まれ。1939年に渡日。中央大学法科卒業。解放直後より朝鮮語と日本語の詩作を並行。詩風は祖国と民族に対する愛に強く支えられ、朝鮮の状況、朝鮮と日本の関係、在日朝鮮人の問題などを骨太な詩でうたう。日本語の第一詩集『朝鮮冬物語』で中野重治(しげはる)に嘱目された。叙情詩、叙事詩のほかに風刺的手法も駆使。日本語詩集に『火縄銃のうた』『朝鮮海峡』、朝鮮語詩集に『祖国にささげる』『石にまつわるものがたり』、訳詩集に趙基天(ちょうきてん/チョギチョン)『白頭山』、その他がある。[任 展 慧]
『許南麒著『許南麒の詩』(1979・同成社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

許南麒の関連キーワードホ・ナムギ金素月春香伝趙基天詩人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android