コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訴陳 ソチン

デジタル大辞泉の解説

そ‐ちん【訴陳】

訴訟の内容を陳述すること。
中世、訴人(原告)と論人(被告)がそれぞれ訴状陳状により申し立てをすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そちん【訴陳】

中世、訴訟の際に訴人(原告)と論人(被告)とが互いに自己の主張を申し立てること。
「訴陳状」の略。
[句項目] 訴陳に番う

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

訴陳の関連キーワード訴状(中世)玉葉和歌集猫のさうし京極為兼冷泉為相二条為世猫の草子三問三答幽玄中世裏封訴人折紙自由裏判

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android