コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讒謗律 ざんぼうりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

讒謗律
ざんぼうりつ

明治8年太政官布告 110号。現行刑法の名誉毀損罪の原型をなす明治初年の法律。 1875年6月 28日制定。人の栄誉を害する行為を讒毀 (ざんき) ,人の悪名を公布する行為を誹謗 (ひぼう) といい,著作,文書,画面,肖像を用い,展観,発売,貼示してこの行為を行う者を,その対象 (天皇,皇族,官吏,華士族平民の4つ) に従って,禁獄,罰金の刑に処するもの。同年制定された新聞紙条例とともに自由民権運動に対する言論弾圧をはかったものである。演説・集会の取締りに拡大適用されたこともあるが,明文規定を欠くため 80年別に集会条例が制定されることになった。 82年旧刑法の施行とともに讒謗律は廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざんぼう‐りつ〔ザンバウ‐〕【××謗律】

明治8年(1875)明治政府によって公布された言論統制令。自由民権運動の隆盛に伴う政府批判を規制するため、人を誹謗(ひぼう)する文書類を取り締まった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

讒謗律【ざんぼうりつ】

太政官布告として1875年公布された,言論・出版を取り締まる法令。自由民権運動を抑圧するため新聞紙条例とともに制定された。言論・文書・図画などで事実の有無を問わず他人の名誉を害するようなことを公表したり,事実をあげずに悪名を流したりすることを取り締まった。
→関連項目出版条例東京曙新聞明六社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざんぼうりつ【讒謗律】

日本最初の名誉保護に関する法律。太政官布告第110号,1875年6月28日公布。全8条。〈讒謗〉とは,名誉毀損きそん)を意味する〈讒毀〉と侮辱を意味する〈誹謗(ひぼう)〉をまとめた言葉(1条)。近代国家には個人の名誉保護の立法が必要だとした小野梓らのイギリス法研究グループ共存同衆〉の提出した建議を受けて,制定されたものとされる。しかし讒謗律には天皇(2条),皇族(3条),官吏(4条)に対する讒謗罪がまず規定され,次いで5条で一般私人に対する讒謗罪が規定されているものの刑罰は前3者より軽微となっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざんぼうりつ【讒謗律】

1875年(明治8)制定された言論取り締まりの法令。自由民権運動の擡頭たいとうに対処するため、同日公布の新聞紙条例とならんで民間の言論・政府批判に弾圧を加えたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

讒謗律
ざんぼうりつ

1875年(明治8)6月28日に布告されたわが国最初の独立名誉毀損(きそん)法。全文8条からなり、乗輿(じょうよ)(天皇の乗り物、転じて天皇)、皇族、官吏(の職務)、華士族平民とそれぞれ対象になる人格によって刑の軽重(前記の順序)があった。だがこの罪は「著作文書若(もし)クハ画図肖像ヲ用ヒ展観シ若クハ発売シ若クハ貼示(ちょうじ)シテ人ヲ讒毀シ若クハ誹謗(ひぼう)スル者」(1条)に限られているところから、この布告は、同日に布告された新聞紙条例と並ぶ出版弾圧法であることは明らかで、事実、これ以後、政府の施策を批判した記事は、この讒謗律によって筆者が処罰されることになり、記者の恐怖時代を現出する。80年7月17日に(旧)刑法が布告されると同時に廃止された。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

讒謗律の関連キーワードアレン ジョンソンツー・ウェイ・プライス農産物価格110度CSデジタル放送V.120相馬達雄中毒110番放送衛星ダームスタチウムCS放送

讒謗律の関連情報