コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ

デジタル大辞泉の解説

けい【詣】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケイ(慣) [訓]もうでる いたる
高い所・境地に行きつく。「造詣
社寺にもうでる。「参詣

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

詣の関連キーワード御岳参り・御嶽参り鹿苑院殿厳島詣記檳榔毛・梹榔毛円居る・団居るそれなりけり御手洗参り阿夫利神社四万六千日引っ詰める大塚楠緒子落っこち行者参り満を引く怪我にも萌え渡る済し崩す山上参り富士参り千社参り石尊参り

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詣の関連情報