詰屈(読み)キックツ

デジタル大辞泉「詰屈」の解説

きっ‐くつ【詰屈/×佶屈】

[名・形動](スル)
かがまって、伸びがないこと。曲がりくねっていること。
「―した老梅の幹」〈谷崎春琴抄
堅苦しいこと。特に、文章や字句が堅苦しくてわかりにくいこと。また、そのさま。「―な条文に辟易(へきえき)する」
[ト・タル][文][形動タリ]堅くぎくしゃくとしたさま。
「黒に金釦(ボタン)の大学学生の制服さえ着けて―としていた」〈白秋・食後の唄(杢太郎)・

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android