しち難しい(読み)シチムズカシイ

デジタル大辞泉 「しち難しい」の意味・読み・例文・類語

しち‐むずかし・い〔‐むづかしい〕【しち難しい】

[形][文]しちむづか・し[シク]ごたごたとこみいっていてむずかしい。非常にむずかしい。「―・い話」「―・い顔をする」
[派生]しちむずかしげ[形動]
[類語]煩わしい難儀煩多世話手数てすう・てかずうるさい面倒臭いやかましいくだくだしいうっとうしいこうるさい気詰まりしち面倒しち面倒臭い複雑難しい煩雑はんざつ煩瑣はんさ錯雑錯綜さくそう面倒厄介ややこしい入り組んだ込み入った手が込んだ分かりにくい難解詰屈きっくつ詰屈聱牙ごうが晦渋かいじゅう深遠高度ハイブロー歯が立たない小難しいちんぷんかんちんぷんかんぷん不可解至難ハードルが高い気が重い気が進まない気乗り薄うんざり億劫おっくう渋る投げ遣り大儀懶惰らんだ横着怠慢怠惰不精懈怠けたい世話が焼ける手が掛かる冗長繁簡ごたごたもつれる入り乱れる紛糾ごっちゃ乱雑雑然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android