コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

話頭 ワトウ

デジタル大辞泉の解説

わ‐とう【話頭】

話をするきっかけ。話のいとぐち。また、話の内容。話題。「話頭にのぼる」
禅宗で、古則・公案のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わとう【話頭】

話のいとぐち。また、話題。 「 -にのぼる」 「さうして慰藉の為か何だか、飛んだ所へ-を持つて行つて仕舞つた/三四郎 漱石
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の話頭の言及

【公案】より

…仏や祖師の説法,もしくは問答を指す。機縁,因縁,話頭,または単に話ともいう。宋初につくられる禅宗史書の一つ《景徳伝灯録》に,過去七仏より編者の時代に至る,1701人の仏祖の名を掲げ,その問答を伝法の順に集録することから,一千七百の公案という発想があらわれる。…

※「話頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

話頭の関連キーワード聞き取り法門・聞取り法門麗々亭柳橋(3代)俳句(文学)倭・和・話崔仁勲禅宗ぐち

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

話頭の関連情報