誓言(読み)セイゲン

デジタル大辞泉の解説

せい‐げん【誓言】

[名](スル)せいごん(誓言)

せい‐ごん【誓言】

[名](スル)言葉に出して誓うこと。また、その言葉。せいげん。「墓前で誓言する」

ちか‐ごと【誓言】

誓いの言葉。せいげん。
「たしかにわれに具せんといふ―たてよ」〈宇治拾遺・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいげん【誓言】

( 名 ) スル

せいごん【誓言】

( 名 ) スル
誓いの言葉。せいげん。

ちかごと【誓言】

誓いの言葉。せいごん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐げん【誓言】

〘名〙
① ちかいのことばを述べること。また、そのことば。約束のことば。誓詞。せいごん。〔文明本節用集(室町中)〕 〔戦国策‐趙策〕
② 命令すること。誓わせること。〔書経‐湯誓〕

せい‐ごん【誓言】

〘名〙 (「ごん」は「言」の呉音) ちかいのことば。約束のことば。せいげん。
※江談抄(1111頃)五「実可誓言
※源平盛衰記(14C前)二「愚の御事には非ずと、様々誓言(セイゴン)を申給へば」

ちかい‐ごと ちかひ‥【誓言】

〘名〙 誓いのことば。せいげん。ちかごと。
※世俗諺文鎌倉期点(1250頃)「本の婦盟言(チカヒコト)を為す」

ちか‐ごと【誓言】

〘名〙 誓いのことば。約束。せいげん。せいごん。ちかいごと。
※後撰(951‐953頃)恋三・七八一・詞書「夜ひに女にあひて、かならず後にあはんと、ちかことを立てさせて」
※源氏(1001‐14頃)若菜下「いみじきちかことをしつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android