(読み)ちかい

精選版 日本国語大辞典「誓」の解説

ちかい ちかひ【誓】

〘名〙 (動詞「ちかう(誓)」の連用形の名詞化)
① 神仏にかけて約束すること。願(がん)誓約
※書紀(720)推古一三年四月(図書寮本訓)「天皇皇太子、〈略〉共に同じく誓願(チカヒ)を発て始めて銅繍の丈六の仏の像(みかた)各々一躯(はしら)を造る」
② 衆生を救おうとする神仏の誓願。弘誓(ぐぜい)
※観智院本三宝絵(984)下「菩薩はみな大悲のひろきちかひをおこして世をわたす事、そのちかひ広し」
③ あることの実行を、将来にかけて固く約束すること。心に期すること。
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)二「其笘の屋の女に仮初の誓(チカヒ)して」
※浮城物語(1890)〈矢野龍渓〉九「死生背かざるの誓旨(〈注〉チカイ)を述べたり」

せい【誓】

〘名〙 ちかうこと。また、ちかいのことば。〔文体明弁‐誓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「誓」の解説

誓【うけい】

誓約・誓盟とも書く。古代日本で行われた卜占の一種。あることがらの吉凶黒白などを,祈誓して神意をうかがうこと。《古事記》《日本書紀》に天照大神(あまてらすおおみかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)が生まれた子で神意を判断した行為を〈うけい〉と表現している。誓湯盟神探湯(くかたち))・誓酒(うけざけ)などの方法があった。平安時代以降は他への個人的な呪詛(じゅそ)行為を意味するようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「誓」の解説

せい【誓】[漢字項目]

常用漢字] [音]セイ(漢) [訓]ちかう
固く約束する。ちかう。ちかい。「誓願誓詞誓文せいもん誓約祈誓弘誓ぐぜい宣誓
[名のり]ちか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android