コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誰がために鐘は鳴る たがためにかねはなるFor Whom the Bell Tolls

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誰がために鐘は鳴る
たがためにかねはなる
For Whom the Bell Tolls

アメリカの小説家アーネスト・ヘミングウェーの代表作の一つ。 1940年刊。スペイン内乱義勇軍の一員として参加したアメリカ青年ロバート・ジョーダンの反ファシスト・ゲリラの娘との恋と英雄的な死を描いた長編小説。荒々しい行動の世界を描きながら,個人の無力と連帯責任を主張した作品で,身を丁して反ファシスト軍救援に参加した作者の体験が生かされている。表題はイギリスの詩人 J.ダン詩句からとったもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たがためにかねはなる【誰がために鐘は鳴る】

《原題For Whom the Bell Tollsヘミングウェイの長編小説。1940年刊。スペイン内乱で政府軍に参加したアメリカ人青年ロバート=ジョーダンとゲリラの娘との、愛と犠牲的な死を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

誰がために鐘は鳴る

宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。脚本:柴田侑宏。2010年、宝塚大劇場にて宙組が初演。ヘミングウェイの同名小説を原作としたミュージカル

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誰がために鐘は鳴る
たがためにかねはなる
For Whom the Bell Tolls

アメリカの作家ヘミングウェイの代表的長編小説の一つ。スペイン内乱を背景に、アメリカ青年の英雄的な死と灼熱(しゃくねつ)的な恋を描く。1940年刊。反ファシスト軍に参加したロバート・ジョーダンは、戦略上重要な橋梁(きょうりょう)を爆破する任務を帯びて山中に赴き、ゲリラの協力を求める。ファシストに両親を殺され、自身も犯された過去をもつマリアと3日間の激しい恋に落ちる。連絡の不備などからむだになったのを知りながら爆破を実行、重傷を受け、仲間を逃して自らは死に臨む。全体のために個人を犠牲にする美徳を称揚し、個人主義的傾向の強かった作者の変化ぶりをみせている。スペインの国民と風土を愛していた作者は、反ファシスト軍援助に奔走し、前線にも出入りした。題名はイギリスの詩人・聖職者ジョン・ダンの説教に基づき、「個人は人類の一部であり、他の人の弔鐘はあなたのためにも鳴っている」という意。[武藤脩二]
『大久保康雄訳『誰がために鐘は鳴る』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

誰がために鐘は鳴るの関連キーワードアーネスト ヘミングウェイ誰が為に鐘は鳴るアカデミー賞野々すみ花宝塚歌劇団大空祐飛住吉美希

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android