ばかり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副助〙 (副詞・体言・活用語の終止形・連体形・助詞などに下接する)
① おおよその程度・範囲を示して、取り立てる。ほど。ぐらい。ころ。
※万葉(8C後)一二・二九四三「我命の長く欲しけく偽をよくする人を執らふ許(ばかり)を」
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「四年(よとせ)ばかりがこのかみにおはすれば」
② 体言・活用語の連体形を受け、限定の意を表わす。ほんの…だけ。…だけ。中古以後の用法。
※古今(905‐914)哀傷・八六〇「露をなどあだなる物と思ひけんわが身も草に置かぬばかりを〈藤原惟幹〉」
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「涙に溺ほれたるばかりをかごとにて」
③ (打消の助動詞「ぬ(ん)」「ない」などに下接して) ②から派生した用法。表面で…しないだけで実質的には…したのも同じということから、今にも…しそうであるの意を表わす。
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)中「今の如く人中で、踏まれぬ斗(ばかり)に恥をかき」
※人情本・花筐(1841)五「何卒何卒(どうぞどうぞ)と手を合して、拝まぬばかりに頼みつつ」
④ (過去・完了の助動詞「た」(文語では過去の助動詞「き」の連体形「し」)を伴う動詞に下接して、その動作が完了して間もない意を表わす) …したて。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「先々月一寸お目に掛った計(バカ)りですから」
[語誌](1)古く活用語を受ける場合、終止形に下接するものは①の「程度」を表わし、連体形に下接するものは②の「限定」を表わすとする説がある。
(2)①の「程度」と②の「限定」とは矛盾するように思われるが、おおよその程度を示すと、その範囲から除外されるものをつくり出し、範囲の内にあるものと範囲の外にあるものとが強調されるようになると限定の用法が生じることになる。しかし、「ばかり」の限定には程度の意味が残っていて、「のみ」「だけ」「きり」より限定の境界はあいまいで、ゆるやかである。そこにある種の情意が込められる。
(3)語源については、名詞の「はかり(計)」から転じたものと考えられる。上代では副詞的な要素に下接した「かくばかり」「いかばかり」の形が過半を占め、語源である名詞「はかり」の意そのままに「おおよそ…ぐらい」の意を表わしており、多く疑問・推量・仮定などの不確実な意味の表現において用いられているが、中古には確定的な意の表現と共存する例が多くなる。
(4)中古には①と②との中間的な「ほんの…ぐらい(だけ)」の意において用いられ、やがて②の限定の用法が成立する。
(5)上代には間投助詞「を」に上接する一例を除き、他の助詞と重ね用いられることはなかったが、中古には格助詞・係助詞に上接する例が現われる。中世には意味用法が主として②に偏し、体言性が薄れたため、格助詞に下接する例も現われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばかりの関連情報