コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問注 モンチュウ

デジタル大辞泉の解説

もん‐ちゅう【問注】

《問うて注(しる)す意。「もんぢゅう」とも》訴訟の原告と被告を取り調べて、その言い分を記すこと。また、訴訟の対決。裁判。
「六波羅にて―すべきに定まりにけり」〈著聞集・一六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もんちゅう【問注】

〈審問注記〉の意で,平安から鎌倉・室町時代にかけて,官司が当事者から事情聴取をすることをいった。問注の結果を記したものを問注記という。源頼朝は鎌倉幕府創立の当初に,侍所,公文所(のちの政所)とともに,訴訟事務を取り扱う機関を設けて,これを問注所と称した。問注所の管轄内容は時に応じて変化するが,その名称は室町幕府にも引き継がれた。鎌倉・室町幕府における訴訟手続では,原告と被告とは,裁判所を通じて書面による応酬をした後,裁判所に出頭して口頭弁論を行うことになっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もんちゅう【問注】

〔問い注しるす意〕
原告と被告両方の言い分を聞き、また質問したりして、それを記すこと。 「六波羅にて-すべきにさだまりにけり/著聞 16

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

問注の関連キーワード平盛時(1)建治三年日記建治三年記問注所執事太田貞連武政軌範太田時連三善康俊摂津親致三善康持中原仲業三善康連藤原俊兼雑務沙汰太田康有町野康持公人奉行太田康宗三善康信町野氏

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android