謗(漢字)

普及版 字通「謗(漢字)」の解説


17画

[字音] ボウ(バウ)
[字訓] そしる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は旁(ぼう)。旁に旁側、また、ひろく他に及ぼす意がある。〔説文〕三上に「毀(そし)るなり」と訓し、悪言の意とする。〔国語、周語上〕「國人、王をる」、〔呂覧、達鬱〕「國人皆謗る」のように、ひろく世間の批判を受ける意に用いる。〔左伝、成十八年〕「民に謗言無し」のように、もと政治への批判を意味する語であった。〔玉〕に「毀(そし)るなり、誹(そし)るなり、他人に對して其の惡を(い)ふなり」とするが、「(うら)む」の意がある。

[訓義]
1. そしる、うらみそしる、上の者をうらむ。
2. 人をにくみそしる、のろいそしる。
3. 人の過失をいいとがめる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕謗 ソシル・アザムク 〔字鏡集〕謗 ソシル・アザムク・ムカフ

[熟語]
謗怨謗毀・謗・謗議・謗言・謗語・謗謗讒謗嗤・謗・謗書・謗傷謗誦謗辱・謗声謗沮・謗詛・謗謗詆・謗・謗罵・謗排・謗木・謗誉・謗論
[下接語]
怨謗・謗・掩謗・監謗・毀謗・謗・群謗・興謗・猜謗・罪謗・讒謗・止謗・謗・造謗・謗・騰謗・謗・非謗・飛謗・被謗・誹謗・弭謗・誣謗・

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android