コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講孟余話 こうもうよわ

2件 の用語解説(講孟余話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

講孟余話
こうもうよわ

江戸時代末期,吉田松陰が,『孟子』に関する注釈と見解をまとめた書物。未完成の間は『講孟剳記 (こうもうさつき) 』といわれたが,完成と同時に『講孟余話』と改題された。松陰は嘉永7 (1854) 年 10月 24日江戸獄から故郷萩の野山獄に移されたが,安政2 (55) 年4月 12日から翌年6月 13日まで,すなわち免獄後の自宅謹慎中まで,『孟子』の講義をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

講孟余話
こうもうよわ

幕末の尊王思想家吉田松陰(しょういん)の著作中、質量とも第一の主著。1855年(安政2)6月13日に始まり、同年12月15日の出獄を挟み翌年6月13日に至る1年間、初め萩(はぎ)の野山獄(のやまごく)、ついで実家杉百合之助(ゆりのすけ)宅内幽室において同囚および親戚(しんせき)の者と『孟子』を講読、各章読了後の所感、批評、意見等をまとめたもので、松下村塾(しょうかそんじゅく)教育への発端をなす。これに先だち獄風改善、囚人教化を意図した松陰は、55年4月12日より6月10日にかけ、獄舎内で『孟子』本文の訓詁(くんこ)注解的な講義を行った。本書によって松陰の人生観、国家論、ひいては政治・教育・外交思想、読書傾向、学問観などをうかがうことができる。本書は旧名を『講孟箚記(さっき)』と称し、のち松陰自ら改題した。なお付属するものとして、山県太華(やまがただいか)『講孟箚記評語上、下の一、下の二』『講孟箚記評語草稿』、これに対する松陰の反評文、関係のある『黙霖(もくりん)書撮抄一条』があり、『講孟余話附録』にまとめられる。[山口宗之]
『「講孟余話」(山口県教育会編『吉田松陰全集 第3巻』所収・1972・大和書房) ▽松本三之介訳「講孟余話(抄)」(松本編『日本の名著31 吉田松陰』所収・1973・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

講孟余話の関連キーワード松門吉田流新潟県燕市吉田松岡町山口県萩市椿東玖村敏雄杉滝子鳥山新三郎吉田松陰母吉田松籟《吉田松陰伝》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

講孟余話の関連情報