コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐典侍 さぬきのすけ

5件 の用語解説(讃岐典侍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

讃岐典侍
さぬきのすけ

平安時代後期の日記作者。歌人の讃岐入道藤原顕綱の娘。本名,長子。康和2 (1100) 年堀河天皇に出仕し,翌年典侍 (てんじ) となる。以後,嘉承2 (07) 年天皇が崩御されるまで側近に仕え,寵愛を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

讃岐典侍【さぬきのすけ】

平安末期の1110年ころに成立した《讃岐典侍日記》の作者。讃岐前司藤原顕綱の女(むすめ)で,堀河院乳母伊予三位兼子の妹。名は長子。1100年堀河天皇に出仕,翌年典侍に任ぜられ,讃岐典侍と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

讃岐典侍 さぬきのてんじ

1079?-? 平安時代後期の女官。
承暦(じょうりゃく)3年?生まれ。讃岐入道藤原顕綱の娘。康和2年堀河天皇につかえ3年典侍となる。のち鳥羽天皇にもつかえた。「讃岐典侍日記」には,堀河天皇死去前後の宮中のようすが記述されている。名は長子。

讃岐典侍 さぬきのすけ

さぬきのてんじ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

讃岐典侍

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:承暦3頃(1079)
平安後期の典侍,歌人。『讃岐典侍日記』の作者。名は藤原長子。父は藤原道綱の孫顕綱。姉伊予三位兼子が堀河天皇の乳母だった縁で,康和2(1100)年堀河天皇に出仕,典侍となる。天皇没後,白河院からの要請で鳥羽天皇にも出仕。幼少天皇への再出仕を期に亡き天皇への追慕を強くし,発病から死の前後の様子など,思い出を日記に綴った。それが『讃岐典侍日記』である。中宮が堀河天皇より19歳年長だったこともあり,同年配だった典侍が寵愛を受け,天皇の発病後は,側近たちが病の重さを認識しないうちから,事の重大さを悟って看病に明け暮れた。日記には,関白藤原忠実らが参上の折,重態にもかかわらず「御膝を高くなして」,傍らに「添い臥」す作者を隠してくれた天皇の心配りや,見舞いにきた中宮への複雑な心境,さらには,全身にむくみを生じ,ついには息が止まって冷たくなっていく天皇の肌の感触などが,冷徹なまなざしで赤裸々に描写されている。新帝に奉仕するなかでも,四季折々の行事に堀河の姿を思い,元永1(1118)年秋ごろから,堀河院の霊と称して中宮の懐妊や皇子誕生を予言するなど妖言を奏す。翌年秋,出仕停止。天皇との思い出に生きた後半生だった。<参考文献>玉井幸助『讃岐典侍日記全註解』,『国文学解釈と教材の研究』24巻4号

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

讃岐典侍の関連キーワード讃岐典侍日記暗らか讃岐典侍日記・讚岐典侍日記善げ暗部屋御器讚岐典侍日記温み心地按察典侍藤原顕綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone