コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貧窮問答歌 ひんきゅうもんどうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貧窮問答歌
ひんきゅうもんどうか

万葉集』巻五所収の長歌と反歌1首。奈良時代初期の歌人山上憶良作。貧しい者とそれよりもさらに貧しい者とが,貧乏生活を問答の形で述べ合ったもの。そこに示された貧窮様相は写実的で,班田制下の農民の姿を余すところなく伝えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひんきゅうもんどうか〔ヒンキユウモンダフカ〕【貧窮問答歌】

万葉集巻5にある山上憶良長歌。貧しい生活の苦しさを問答の形式で歌った長歌および反歌1首。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

貧窮問答歌【ひんきゅうもんどうか】

貧窮問答歌(びんぐうもんどうのうた)

貧窮問答歌【びんぐうもんどうのうた】

万葉歌人山上憶良代表作の一つ。長歌短歌から成る(《万葉集》巻5)。721年の作。憶良の自画像と目される人物と極貧の農民が〈問答〉する形式を取り,平易な日常語を使用して貧窮困苦の実情を,また世の非道を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひんきゅうもんどうか【貧窮問答歌】

万葉集巻五所収の山上憶良作の歌。貧者と窮者の問答の体裁で生活の苦しさを歌った長歌および反歌一首。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の貧窮問答歌の言及

【山上憶良】より

…そのスタイルによって造型される形象がまた宮廷風な美とは異なり,逆説的な美を指向するものであって,貧窮や老醜の無惨,死児哀傷の惑乱,愛別離の悲哀など前後に比類のない感動的なイメージを歌い上げている。〈わくらばに人とは在るを 人並に我もなれるを〉(〈貧窮問答歌〉)という訴えは,おそらく《涅槃経(ねはんぎよう)》にいわゆる六難値遇(ろくなんちぐ)の〈人身は得難く,諸根は具し難し〉を踏まえたもので,そこには,人間としてこの世に生きて在ることの,王侯巨富と貧窮のわかちもない尊貴と平等の主張があると認められ,倫理思想史上にも注目すべきものがあると思われる。〈銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子に及(し)かめやも〉〈世間(よのなか)を憂しと恥(やさ)しと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば〉(巻五)。…

※「貧窮問答歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貧窮問答歌の関連キーワード山上憶良(やまのうえのおくら)高木 市之助高木市之助貧者体裁強飯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貧窮問答歌の関連情報