コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蓄・投資の所得決定理論 ちょちく・とうしのしょとくけっていりろん saving-investment theory of income determination

1件 の用語解説(貯蓄・投資の所得決定理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貯蓄・投資の所得決定理論
ちょちく・とうしのしょとくけっていりろん
saving-investment theory of income determination

J.M.ケインズが唱えた所得決定理論古典学派は投資と貯蓄はともに利子率の関数であり,利子率は投資と貯蓄が均衡する水準で決定されるとした。これに対しケインズは貯蓄は所得の関数,投資は利子率あるいは所得の関数であり,投資と貯蓄の均衡点で所得水準は決定されると主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貯蓄・投資の所得決定理論の関連キーワードケインズ学派ケインズ革命資産効果潮汐説統計的決定理論為替相場決定理論アセットアプローチコンズ岩系賃金決定理論利得(決定理論)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone