コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蓄投資の所得決定理論 ちょちくとうしのしょとくけっていりろん

百科事典マイペディアの解説

貯蓄投資の所得決定理論【ちょちくとうしのしょとくけっていりろん】

ケインズの唱えた国民所得理論。一定期間の国民所得は消費と投資からなる有効需要の大きさで決定されるが,所得から消費を引いた差額の貯蓄は全部投資されるとは限らない。
→関連項目ケインズ学派雇用・利子および貨幣の一般理論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

貯蓄投資の所得決定理論の関連キーワードインフレ・ギャップ投資乗数乗数理論利子率古典派

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android