貯蓄投資の所得決定理論(読み)ちょちくとうしのしょとくけっていりろん

百科事典マイペディアの解説

貯蓄投資の所得決定理論【ちょちくとうしのしょとくけっていりろん】

ケインズの唱えた国民所得理論。一定期間の国民所得は消費と投資からなる有効需要の大きさで決定されるが,所得から消費を引いた差額の貯蓄は全部投資されるとは限らない。したがって投資が貯蓄を下回る場合は,国民所得水準は低下し,所得が減少すると貯蓄も減少する。こうして所得は貯蓄が投資と等しくなるまで低下し,逆に投資が貯蓄を上回る場合は,所得は貯蓄が投資と等しくなるまで上昇し,結局投資は投資と等しい貯蓄が生まれる点まで国民所得水準を変化させる。これが貯蓄投資の所得決定理論で,利子率が投資と貯蓄を均等化させるという古典派の理論を否定した。→乗数理論
→関連項目ケインズ学派雇用・利子および貨幣の一般理論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android