コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵デンプン ちょぞうデンプンstorage starch; reserve starch

2件 の用語解説(貯蔵デンプンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貯蔵デンプン
ちょぞうデンプン
storage starch; reserve starch

植物の根 (ニンジンなど) ,地下茎 (ジャガイモなど) ,鱗茎 (ユリなど) ,種子 (イネなど) などに貯蔵物質としてたくわえられるデンプンをいう。一般にその植物特有の形をしたデンプン粒を形成している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貯蔵デンプン
ちょぞうでんぷん

植物の種子、根、地下茎などに貯蔵されているデンプンをいい、次代の植物が発育するための糧(かて)となる。貯蔵デンプンでは、デンプン分子が集まってデンプン粒とよばれる粒状構造をとる。食品として摂取するデンプン、あるいは工業的に製造されるデンプン粒は、すべて貯蔵デンプンである。[村松 喬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone