コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵デンプン ちょぞうデンプンstorage starch; reserve starch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貯蔵デンプン
ちょぞうデンプン
storage starch; reserve starch

植物の根 (ニンジンなど) ,地下茎 (ジャガイモなど) ,鱗茎 (ユリなど) ,種子 (イネなど) などに貯蔵物質としてたくわえられるデンプンをいう。一般にその植物特有の形をしたデンプン粒を形成している。多くはアミロースアミロペクチン混合物から成っているが,その比率は植物によって異なる。これらは細胞中の白色体中にたくわえられるが,その量が増すと,細胞全体を占めるようになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貯蔵デンプン
ちょぞうでんぷん

植物の種子、根、地下茎などに貯蔵されているデンプンをいい、次代の植物が発育するための糧(かて)となる。貯蔵デンプンでは、デンプン分子が集まってデンプン粒とよばれる粒状構造をとる。食品として摂取するデンプン、あるいは工業的に製造されるデンプン粒は、すべて貯蔵デンプンである。[村松 喬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

貯蔵デンプンの関連キーワードデンプン(澱粉)料作物デンプン(澱粉)デンプン作物同化デンプンピレノイド同化澱粉葉緑体色素体単粒

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android