コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本逃避 しほんとうひ capital flight

翻訳|capital flight

6件 の用語解説(資本逃避の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本逃避
しほんとうひ
capital flight

キャピタル・フライトとも呼ばれる。自国通貨の価値が下落し,または交換性が制限または禁止されるおそれがあるとか,政治・経済的な不安ないしはこれを招来するような政策の変更が予想されるような場合に,危険回避のために自国通貨を外貨資金に換えること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

資本逃避

国際情勢の緊迫や国内の政治・経済情勢の不安定化、税制の強化などによって生じる資産価値の減少や流動性の低下などのリスクを回避するために、国内に滞留していた資金が国外のより安全な地域へと移動すること。1980年代のラテン・アメリカ、90年代初期のロシアなどが挙げられる。ロシアの場合は、国内の政治的不安から、居住者が民間資金の一部を海外へ移したためといわれるが、不正な手段で取得した財を国内当局の手が届かないところへ移動させた部分も大きい。アジア通貨危機では、インドネシアの富裕華僑が、保有外貨をシンガポールなどのオフショア・センターに移した。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しほん‐とうひ〔‐タウヒ〕【資本逃避】

通貨価値の下落、為替管理の強化、政治的不安などが予想される場合、その不利益を避けるため、自国通貨を通貨価値がより安定している他国の通貨に換えること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

資本逃避【しほんとうひ】

国際情勢の緊迫,国内の政治や経済情勢の不安定化,為替管理や税制などの規制強化などによって生じる資産価値の減少や流動性低下などのリスク回避のために,国内の資金が海外のより安全な地域へ移動すること。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しほんとうひ【資本逃避】

政治的・経済的条件の変化によって一国の貨幣価値の大幅な下落が予想される場合、その危険や損害を避けて、資金がその国から安全な他国に移動すること。また、株式などの高リスクの金融資産から国債などのより低リスクの資産へと動くこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資本逃避
しほんとうひ
capital flight

短期資本の国際的移動は普通、利子率や為替(かわせ)相場の変動による差益を得ることを目的に行われる。しかし、資本逃避はこうした積極的な収益の追求ではなく、資産の保全、安全性の確保、つまり不慮の資本損失を回避するための資本移動である。たとえば、ある国において平価の切下げ、為替管理の強化、インフレなどにより通貨価値の減価が予想される場合、または戦争の危惧(きぐ)、政治的不安により資産の凍結・没収などで資産の安全性が脅かされるおそれがある場合などに、通貨価値の安定したより安全な他国の通貨に乗り換えることがしばしば行われる。こうした資本逃避は、流動的で、かつ一時的に大量の資金移動がなされるので、為替需給に大きな変動を及ぼし、その国の国際収支に大きな負担を強いる。そしてまた、為替相場の変動・混乱によって国際金融市場の攪乱(かくらん)をもたらし、通貨の不安定化をよりいっそう促進する。
 1930年代には、世界各国で通貨価値の不安定化が起こり、資本逃避がしばしば行われた。各国とも種々の対策を講じたが、日本でも1932年(昭和7)には資本逃避防止法を制定し、さらに翌1933年にはこれにかえて外国為替管理法を制定、資本逃避を取り締まるために厳しい為替管理を行った。第二次世界大戦後においても、ポンド危機、ドル危機などに際して資本逃避が行われ、その資金は投機的な資金とともにホット・マネーとして国際間を移動し、国際通貨不安を増幅する一要因となっている。
 2008年9月、アメリカの証券会社リーマン・ブラザーズの倒産を機に、世界は金融危機と同時不況の深刻な経済危機に突入した。アメリカ国内の住宅バブルの崩壊とサブプライムローンの破綻(はたん)によって大きな損失を被ったアメリカ資本は、損失の穴埋めと投資先の不良債権化を恐れていっせいに本国に資本を引き上げ、逃避を始めた。外国資本に大きく依存して発展してきたアイスランドやハンガリーなどの新興国は、資本流出・逃避により国家破綻の危機にみまわれた。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資本逃避の関連キーワード環境要因県勢経済・物価情勢の展望情勢チャーチスト金融経済月報地政学リスク(Geopolitical risk)経済・物価情勢の展望(展望リポート)インタナショナル《諸情勢の翻訳者》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資本逃避の関連情報