コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤壁の戦 せきへきのたたかい

百科事典マイペディアの解説

赤壁の戦【せきへきのたたかい】

中国,後漢末の208年に劉備孫権連合軍が,南下してきた曹操の水軍80万を,湖北省嘉魚県西方の赤壁付近の長江上で迎え討ち,少数の兵で大敗させた戦い。この結果,天下が魏・呉・蜀に3分される形勢となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきへきのたたかい【赤壁の戦】

中国,後漢末,曹操劉備孫権連合軍の決戦。華北を統一した曹操は湖北の劉表を攻撃,劉表は病死して湖北の一部は曹操に下った。劉表の下にいた劉備は諸葛孔明(亮)の策で江南の孫権と連合,さらに南下してきた曹操と長江(揚子江)中流の赤壁(湖北省嘉魚県)で対峙,水戦に慣れぬ曹操が敗退した(208)。この決戦で曹操の南進は阻止され,孫権は江南を確保,劉備は湖北で蜀に進出する地歩を固め,天下三分の形勢が定まる。【都築 晶子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

赤壁の戦の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)『三国志演義』の登場人物曹操(155~220)魏(中国、三国の一つ)漢の時代(年表)呉[三国時代]呉(三国)三国時代官渡の戦三国城太史慈諸葛亮赤壁賦曹仁歴女郭嘉劉禅橋玄黄蓋黄忠

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤壁の戦の関連情報