コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤壁の戦 せきへきのたたかい

2件 の用語解説(赤壁の戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

赤壁の戦【せきへきのたたかい】

中国,後漢末の208年に蜀の劉備・呉の孫権の連合軍が,南下してきた魏の曹操の水軍80万を,湖北省嘉魚県西方の赤壁付近の長江上で迎え討ち,少数の兵で大敗させた戦い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せきへきのたたかい【赤壁の戦】

中国,後漢末,曹操劉備孫権連合軍の決戦。華北を統一した曹操は湖北の劉表を攻撃,劉表は病死して湖北の一部は曹操に下った。劉表の下にいた劉備は諸葛孔明(亮)の策で江南の孫権と連合,さらに南下してきた曹操と長江(揚子江)中流の赤壁(湖北省嘉魚県)で対峙,水戦に慣れぬ曹操が敗退した(208)。この決戦で曹操の南進は阻止され,孫権は江南を確保,劉備は湖北で蜀に進出する地歩を固め,天下三分の形勢が定まる。【都築 晶子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤壁の戦の関連キーワード烏丸袁紹曹操孫堅孫権劉備魏晋南北朝時代天下三分の計曹操(155~220)『三国志演義』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤壁の戦の関連情報