コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤江 あかえ

1件 の用語解説(赤江の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤江
あかえ

宮崎市、大淀(おおよど)川河口右岸の城ヶ崎(じょうがさき)を中心とする港町。旧赤江町。江戸時代は飫肥(おび)藩領で、堺(さかい)と交易し千石船が出入りした。明治以降、大正年間までは県下最大の河港であった。大淀川舟運で内陸部の高岡と結んだ。現在は港の機能を失い、家屋に当時のおもかげを残すのみである。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤江の言及

【大淀川】より

…この川の上流には都城市,小林市,下流には宮崎市があって,流域の市町村人口の合計は県総人口の約半分を占めており,県の中心的河川である。江戸時代には河口南岸の赤江港は貿易港として栄え,同港に続く城ヶ崎は繁華街を形成したが,堆積物によって河口が浅くなり,港の機能を失った。対岸の砂浜に掘込み式の1万5000トンの船舶の出入りができる宮崎港が開港し,南九州の流通の一拠点をなしている。…

※「赤江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤江の関連情報