黄櫨(読み)ハジ

デジタル大辞泉の解説

はじ【黄櫨/×櫨】

ハゼノキ別名
襲(かさね)の色目の名。表は赤、裏は一説に、表は黄、裏は萌葱(もえぎ)
黄櫨色」の

はぜ【黄櫨/×櫨】

ハゼノキの別名。 実=秋 花=夏》「―の実のしづかに枯れてをりにけり/草城

はぜ‐の‐き【黄櫨/×櫨】

ウルシ科の落高木。関東以西の暖地自生。葉は4~6対の小葉からなる羽状複葉で、秋に紅葉する。雌雄異株。5、6月ごろ、黄緑色の小花が円錐状に集まって咲く。果実楕円形で白く、果皮から(ろう)をとる。琉球はぜ。はぜうるし。はぜ。はじ。はじのき。

こう‐ろ〔クワウ‐〕【黄×櫨】

ハゼノキの別名。
黄櫨染(こうろぜん)」の略。

はじ‐の‐き【黄櫨】

はぜのき

はにし【黄櫨】

ハゼノキの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄櫨 (ハゼ)

植物。ゴマノハグサ科の多年草。サギゴケの別称

黄櫨 (ハゼ)

植物。ウルシ科の落葉小高木,薬用植物。ヤマハゼの別称

黄櫨 (ハゼノキ・コウロ;ハゼ)

学名:Rhus succedanea
植物。ウルシ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

黄櫨 (ハゼノキ)

植物。ウルシ科の落葉小高木,薬用植物。ヤマウルシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報