コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄櫨 コウロ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ろ〔クワウ‐〕【黄×櫨】

ハゼノキの別名。
黄櫨染(こうろぜん)」の略。

はじ【黄櫨/×櫨】

ハゼノキの別名。
襲(かさね)の色目の名。表は赤、裏は一説に、表は黄、裏は萌葱(もえぎ)
黄櫨色」の略。

はじ‐の‐き【黄櫨】

はぜのき

はぜ【黄櫨/×櫨】

ハゼノキの別名。 実=秋 花=夏》「―の実のしづかに枯れてをりにけり/草城

はぜ‐の‐き【黄櫨/×櫨】

ウルシ科の落葉高木。関東以西の暖地自生。葉は4~6対の小葉からなる羽状複葉で、秋に紅葉する。雌雄異株。5、6月ごろ、黄緑色小花が円錐状に集まって咲く。果実楕円形で白く、果皮から(ろう)をとる。琉球はぜ。はぜうるし。はぜ。はじ。はじのき。

はにし【黄櫨】

ハゼノキの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうろ【黄櫨】

ハゼノキの漢名。
「黄櫨染こうろぜん」の略。

はじ【黄櫨】

ハゼノキの別名。 「 -の紅葉いま色づく/宇津保 楼上・下
かさねの色目の名。表は赤、裏は黄。表黄、裏淡萌黄とも。9月から11月に着用。

はじのき【黄櫨】

はにし【黄櫨】

ハゼノキの異名。 〔和名抄〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄櫨 (ハゼ)

植物。ゴマノハグサ科の多年草。サギゴケの別称

黄櫨 (ハゼ)

植物。ウルシ科の落葉小高木,薬用植物。ヤマハゼの別称

黄櫨 (ハゼノキ・コウロ;ハゼ)

学名:Rhus succedanea
植物。ウルシ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

黄櫨 (ハゼノキ)

植物。ウルシ科の落葉小高木,薬用植物。ヤマウルシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄櫨の関連キーワードロイヤルパープル黄丹(おうに)黄櫨匂・櫨匂浦上弥五衛門黄櫨染の御袍桐竹鳳凰文ろうそく麹塵の袍黄櫨縅四方拝黄櫨匂黄櫨威黄櫨染天皇位袍禁色櫨色赤色漢名祭服

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄櫨の関連情報