コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石温泉 あかいしおんせん

2件 の用語解説(赤石温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤石温泉
あかいしおんせん

山梨県西部,富士川町の北部にある温泉。泉質は鉄泉。泉温は 13℃。胃腸病,神経痛などに効能があるといわれる。赤石山脈前山の櫛形山の東麓に位置し,櫛形山登山の基地としても利用され,富士川支流の戸川に臨む閑静な環境から,保養客も訪れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤石温泉
あかいしおんせん

山梨県南巨摩(みなみこま)郡富士川(ふじかわ)町平林(ひらばやし)地区にある温泉。金山(かなやま)温泉ともいう。櫛形山(くしがたやま)(2052メートル)の中腹にある。戸川渓谷に臨む湯治・静養向きの温泉で、泉質は含鉄泉。近くに妙蓮(みょうれん)滝、三段滝がある。JR身延(みのぶ)線市川大門駅から車で30分。[横田忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤石温泉の関連情報