コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石温泉 あかいしおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤石温泉
あかいしおんせん

山梨県西部,富士川町の北部にある温泉。泉質は鉄泉泉温は 13℃。胃腸病,神経痛などに効能があるといわれる。赤石山脈前山の櫛形山東麓に位置し,櫛形山登山の基地としても利用され,富士川支流の戸川に臨む閑静な環境から,保養客も訪れる。付近の渓谷は新緑や紅葉の名所。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤石温泉
あかいしおんせん

山梨県南巨摩(みなみこま)郡富士川(ふじかわ)町平林(ひらばやし)地区にある温泉。金山(かなやま)温泉ともいう。櫛形山(くしがたやま)(2052メートル)の中腹にある。戸川渓谷に臨む湯治・静養向きの温泉で、泉質は含鉄泉。近くに妙蓮(みょうれん)滝、三段滝がある。JR身延(みのぶ)線市川大門駅から車で30分。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤石温泉の関連キーワード山梨県南巨摩郡富士川町横田忠夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android