コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛形山 くしがたやま

3件 の用語解説(櫛形山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛形山
くしがたやま

山梨県,甲府盆地の西方にある山。赤石山脈前山の巨摩山地の主峰。標高 2052m。頂部から東は新第三紀の御坂層,西側は中生層から成る。穏やかな山容でアヤメの群落があり,ハイカーが多い。南アルプス巨摩県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くしがた‐やま【櫛形山】

山梨県西部にある山。標高2052メートル。頂上にはアヤメの群生があり、アヤメ平呼ばれる。東斜面の中腹に伊奈ヶ湖・県民の森がある。名の由来は、東方の甲府盆地から見ると山容が櫛の形をしていることから。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛形山
くしがたやま

山梨県甲府盆地の西方、巨摩(こま)山地にある山。甲府から見ると櫛のような形をしているのでこの名がある。標高2052メートル。南アルプス市と富士川(ふじかわ)町の境にあたる。山頂が南北に長い高位平坦(へいたん)面となって、お花畑となっており、7月に咲くアヤメの群落のあるアヤメ平は著名。山腹に断層に関係した凹地をもち、標高800メートル付近に沼や池をもつ。1968年(昭和43)明治100年の山梨県記念事業として、南伊奈(いな)ヶ湖付近は「県民の森」が造成され、キャンプ、ハイキング、登山などの施設がある。この付近より頂上へは、北・中・南の各尾根に登山道がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

櫛形山の関連情報