コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛形山 くしがたやま

3件 の用語解説(櫛形山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛形山
くしがたやま

山梨県,甲府盆地の西方にある山。赤石山脈前山の巨摩山地の主峰。標高 2052m。頂部から東は新第三紀の御坂層,西側は中生層から成る。穏やかな山容でアヤメの群落があり,ハイカーが多い。南アルプス巨摩県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くしがた‐やま【櫛形山】

山梨県西部にある山。標高2052メートル。頂上にはアヤメの群生があり、アヤメ平呼ばれる。東斜面の中腹に伊奈ヶ湖・県民の森がある。名の由来は、東方の甲府盆地から見ると山容が櫛の形をしていることから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛形山
くしがたやま

山梨県甲府盆地の西方、巨摩(こま)山地にある山。甲府から見ると櫛のような形をしているのでこの名がある。標高2052メートル。南アルプス市と富士川(ふじかわ)町の境にあたる。山頂が南北に長い高位平坦(へいたん)面となって、お花畑となっており、7月に咲くアヤメの群落のあるアヤメ平は著名。山腹に断層に関係した凹地をもち、標高800メートル付近に沼や池をもつ。1968年(昭和43)明治100年の山梨県記念事業として、南伊奈(いな)ヶ湖付近は「県民の森」が造成され、キャンプ、ハイキング、登山などの施設がある。この付近より頂上へは、北・中・南の各尾根に登山道がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫛形山の関連キーワード甲府盆地農鳥岳山梨県甲府市池田山梨県甲府市伊勢山梨県甲府市北新山梨県甲府市貢川山梨県甲府市国母山梨県甲府市宝山梨県甲府市千塚山梨県甲府市向町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

櫛形山の関連情報