櫛形山(読み)くしがたやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛形山
くしがたやま

山梨県,甲府盆地の西方にある山。赤石山脈前山の巨摩山地主峰。標高 2052m。頂部から東は新第三紀の御坂層,西側は中生層から成る。穏やかな山容アヤメ群落があり,ハイカーが多い。南アルプス巨摩県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛形山
くしがたやま

山梨県甲府盆地の西方、巨摩山地(こまさんち)にある山。甲府から見ると櫛のような形をしているのでこの名がある。標高2052メートル。南アルプス市と富士川町(ふじかわちょう)の境にあたる。山頂が南北に長い高位平坦(へいたん)面となって、お花畑となっており、7月に咲くアヤメの群落のあるアヤメ平は著名。山腹に断層に関係した凹地をもち、標高800メートル付近に沼や池をもつ。1968年(昭和43)明治100年の山梨県記念事業として、南伊奈(いな)ヶ湖付近は「県民の森」が造成され、キャンプ、ハイキング、登山などの施設がある。この付近より頂上へは、北・中・南の各尾根に登山道がある。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域遺産の解説

櫛形山

(山梨県南アルプス市)
日本山岳遺産」指定の地域遺産(2010(平成22)年度)。
櫛形山(標高2052m)は、植物約810種、蝶類60種類、哺乳類44種類と、県内で確認されている野生動植物種のほとんどが生息し、特産種、山梨県レッドデータブックの指定種も他地域に比べ多数生息。アヤメ群落は山梨県自然記念物に指定されている。〔支援団体〕櫛形山ネットワーク。〔活動内容〕櫛形山の総合的な保全を考えるためのパンフレット作製など

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android