赤磐市(読み)あかいわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤磐〔市〕
あかいわ

岡山県南東部にある市。吉井川と砂川の流域にあり,南部は岡山市に接する。 2005年山陽町,赤坂町,熊山町,吉井町の4町が合体して市制。おもに丘陵地でモモ,ブドウが生産されるほか,米やナス,キュウリなどの野菜もつくられる。北東部の稲蒔は全国屈指の筆軸の生産地。南部には県営大型住宅団地が建設されるなど,岡山市のベッドタウン化が進んでいる。山陽にはかつて備前国分寺が置かれ,条里制地割など古代の遺構が数多く残る。山陽の両宮山古墳備前国分寺跡,熊山の熊山遺跡は国指定史跡。北東部は吉井川中流県立自然公園に属する。国道 484号線,JR山陽本線が通り,山陽自動車道インターチェンジがある。面積 209.36km2。人口 4万3214(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤磐市の関連情報