コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊山 くまやま

2件 の用語解説(熊山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊山
くまやま

岡山県南東部,赤磐市東部の旧町域。吉井川下流域にある。 1953年熊山村の一部と豊田村,小野田村,可真村の3村が合体して町制。 2005年山陽町,赤坂町,吉井町と合体して赤磐市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕熊山(くまやま)


岡山県南東部、岡山市・備前(びぜん)市・赤磐(あかいわ)市の境にある山。北麓(ほくろ)から南西麓へ吉井(よしい)川が流れる。標高509m。山頂には古代の磐座(いわくら)がある。奈良時代に鑑真(がんじん)和尚の開基といわれる帝釈(たいしゃく)山霊山(りょうせん)寺の跡ほかの熊山遺跡は国の史跡。南北朝時代、児島高徳(こじまたかのり)が挙兵した地としても知られる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊山の関連情報