コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊山 くまやま

2件 の用語解説(熊山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊山
くまやま

岡山県南東部,赤磐市東部の旧町域。吉井川下流域にある。 1953年熊山村の一部と豊田村,小野田村,可真村の3村が合体して町制。 2005年山陽町,赤坂町,吉井町と合体して赤磐市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕熊山(くまやま)


岡山県南東部、岡山市・備前(びぜん)市・赤磐(あかいわ)市の境にある山。北麓(ほくろ)から南西麓へ吉井(よしい)川が流れる。標高509m。山頂には古代の磐座(いわくら)がある。奈良時代に鑑真(がんじん)和尚の開基といわれる帝釈(たいしゃく)山霊山(りょうせん)寺の跡ほかの熊山遺跡は国の史跡。南北朝時代、児島高徳(こじまたかのり)が挙兵した地としても知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊山の関連キーワード備前藩備前備前太鼓唄岡山県備前陶芸美術館備前[市]岡山県岡山市北区出石町岡山県岡山市中区さい岡山県岡山市中区浜岡山県備前市日生町日生岡山県岡山市北区門前

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊山の関連情報