コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤螺 アカニシ

2件 の用語解説(赤螺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あか‐にし【赤×螺】

アッキガイ科の巻き貝。殻高約15センチ。貝殻はこぶし状で厚く、表面は淡褐色、殻口の内側は朱赤色。暖海の砂泥地にすみ、カキやほかの貝を捕食。卵嚢(らんのう)は「なぎなたほおずき」とよばれる。肉は食用、殻は貝細工にする。
《ふたを固く閉じた1を、金を握って離さないようすに見立てて》けちな人をあざけっていう語。
「わたしへ割がたった一両、旦那(だんな)も随分―だねえ」〈伎・上野初花

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あかにし【赤螺】

海産の巻貝。殻は高さ20センチメートルほどの拳こぶし状で厚く堅固。殻表は淡褐色で白斑が入る。殻口は大きく、赤橙色。肉は食用、殻は貝細工に用い、卵囊らんのうは「なぎなたほおずき」といって子供が口で鳴らすおもちゃにする。北海道南部以南に広く分布。
がふたを閉じた様子を、しっかり物を握った拳に見立てて〕 非常にけちな人をあざけっていう語。 「旦那も随分-だねえ/歌舞伎・天衣紛」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤螺の関連キーワード悪鬼貝錐貝捩貝梭貝骨貝茘枝貝疣螺奥羽瓔珞貝逆巻貝瑠璃貝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤螺の関連情報