勃勃(読み)ボツボツ

デジタル大辞泉の解説

ぼつ‐ぼつ【勃勃】

[ト・タル][文][形動タリ]物事が勢いよくわき起こるさま。「勃勃たる勇気」
「雄心―として禁ずる能わずだ」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼつぼつ【勃勃】

( トタル ) [文] 形動タリ 
勢いよく起こり立つさま。 「 -たる闘志」 「実歴談を聞きて頗る興味を催ほし、食指頓に-として動く/復活 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の勃勃の言及

【赫連勃勃】より

…代々劉氏を称してオルドス地方の諸部族を統率,父の衛辰は後秦に仕え,北魏に敗れて殺された。勃勃は407年後秦より独立して大夏国を建設,天王・大単于と号した。418年関中を平定して皇帝を称した。…

※「勃勃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android