超強磁場(読み)ちょうきょうじば(英語表記)ultra‐high magnetic field

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうきょうじば【超強磁場 ultra‐high magnetic field】

ふつう,70ないし100T以上の磁場を超強磁場という。100TはCGSガウス単位系では1メガガウス(1MG=106G)であるので,超強磁場はしばしばメガガウス磁場とも呼ばれる。
[発生方法]
 1960年にアメリカのロス・アラモス研究所のC.M.ファウラーらが1000Tをこえる超強磁場の発生を発表して以来,いろいろな方法による超強磁場発生の研究が行われている。超強磁場は,なんらかの方法によって瞬間的に大電流を円形回路(コイル)に流すことによって発生される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android