コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越人 エツジン

世界大百科事典 第2版の解説

えつじん【越人】

1655(明暦1)‐?
江戸前期の俳人。姓は智,通称は十蔵。別号は負山子,槿花翁北越の人。名古屋に出て《冬の日》の連衆野水(やすい)(呉服商)の世話で染物屋を営む。芭蕉への入門は1684年(貞享1)か。86年刊《春の日》の連句出座,また発句9句を寄せた。87年11月,芭蕉に従い,三河保美に罪を得て隠栖する杜国(とこく)を訪ねる。88年8月,芭蕉の《更科紀行》の旅に同行。江戸深川の芭蕉庵にしばらく滞在し,其角,嵐雪ら蕉門の徒と風交を重ねる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越人
えつじん

越智越人」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越人
えつじん
(1655/56―?)

江戸初期の蕉門(しょうもん)俳人。姓は越智(おち)。通称十蔵。別号負山子(ふざんし)、槿花翁(きんかおう)。北越の人。早く名古屋に出、染物屋を営む。芭蕉(ばしょう)への入門は1684年(貞享1)か。越人の句は86年刊『春の日』に初出。87年11月、罪を得て三河保美村に隠棲(いんせい)する杜国(とこく)を、芭蕉とともに訪れ、翌年8月には芭蕉の『更科(さらしな)紀行』の旅に従って江戸に入り、蕉門諸家と交わる。その後、荷兮(かけい)、野水(やすい)らとともにしだいに芭蕉から離反。1700年(元禄13)前後から十数年、俳壇を遠ざかる。15年(正徳5)歳旦帳(さいたんちょう)を出版して復帰。『不猫蛇(ふみょうじゃ)』などによって支考(しこう)を難じ、論争をおこす。彼の俳諧(はいかい)観は初期蕉風の尊重にあった。墓所は名古屋・長円寺。編著は『鵲尾冠(しゃくびかん)』『三つのかほ』『庭竈(にわかまど)集』など。[岡本 勝]
 うらやまし思ひ切る時猫の恋
『宮本三郎著「越智越人」(『蕉風俳諧論考』所収・1974・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の越人の言及

【更科紀行】より

…1688年(元禄1)冬から翌年春にかけての成立(異説もある)。88年8月11日越人(えつじん)と荷兮(かけい)の召使を連れて木曾路をたどり,姥捨の月を賞し,翌日善光寺にもうで,長野から碓氷峠を経て月末江戸に帰るまでの紀行作品で,構成は前半に文章,後半に発句を置く。冒頭に〈さらしなの里,姥捨山の月見ん事,しきりにすゝむる秋風の心に吹きさはぎて〉とあり,この作品が姥捨月見の記であることを示す。…

【蕉門十哲】より

…許六の〈師の説〉に〈十哲の門人〉と見えるが,だれを数えるかは記されていない。その顔ぶれは諸書により異同があるが,1832年(天保3)刊の青々編《続俳家奇人談》に掲げられた蕪村の賛画にある,其角,嵐雪,去来,丈草,許六(きよりく),杉風(さんぷう),支考,野坡(やば),越人(えつじん),北枝(各項参照)をあげるのがふつうである。【石川 八朗】。…

※「越人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

越人の関連キーワードロンチョウ(竜州)鎮蕉門の十哲佐分利越人十六夜の月仲田源蔵丸尾文六俳諧十論蕉門十哲南船北馬呉越同舟川会所続猿蓑庭竈集阿羅野猫の恋鵲尾冠安倍川大井川南越国筑摩祭

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越人の関連情報