コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

更科紀行 サラシナキコウ

世界大百科事典 第2版の解説

さらしなきこう【更科紀行】

俳諧・紀行芭蕉著。1巻。1688年(元禄1)冬から翌年春にかけての成立(異説もある)。88年8月11日越人(えつじん)と荷兮(かけい)の召使を連れて木曾路をたどり,姥捨の月を賞し,翌日善光寺にもうで,長野から碓氷峠を経て月末江戸に帰るまでの紀行作品で,構成は前半に文章,後半に発句を置く。冒頭に〈さらしなの里,姥捨山の月見ん事,しきりにすゝむる秋風の心に吹きさはぎて〉とあり,この作品が姥捨月見の記であることを示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さらしなきこう【更科紀行】

俳諧紀行。一冊。松尾芭蕉作。1688~89年成立。「笈おいの小文」の旅を終え、京都から尾張に至り、木曽路を経て姨捨おばすて山の月をめで、江戸に帰る間の紀行文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

更科紀行の関連キーワード北国西街道越智越人唯・只小文尾張更級

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android