更科紀行(読み)さらしなきこう

精選版 日本国語大辞典「更科紀行」の解説

さらしなきこう ‥キカウ【更科紀行】

江戸前期の俳諧紀行文。一編。松尾芭蕉著。元祿元年~二年(一六八八‐八九)成立。宝永六年(一七〇九)「笈の小文」の付録として刊行。「笈の小文」の旅の続きで、元祿元年、名古屋から木曾路を経て更科の姨捨山(おばすてやま)の月見をし、善光寺に参詣し、碓氷峠を経て江戸に帰った旅の、旅立ちの動機から途中の情景、経験、感想などを記した短編。文末に芭蕉と越人の句が一括して収めてある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「更科紀行」の解説

さらしなきこう【更科紀行】

俳諧・紀行。芭蕉著。1巻。1688年(元禄1)冬から翌年春にかけての成立(異説もある)。88年8月11日越人(えつじん)と荷兮(かけい)の召使を連れて木曾路をたどり,姥捨の月を賞し,翌日善光寺にもうで,長野から碓氷峠を経て月末江戸に帰るまでの紀行作品で,構成は前半に文章,後半に発句を置く。冒頭に〈さらしなの里,姥捨山の月見ん事,しきりにすゝむる秋風の心に吹きさはぎて〉とあり,この作品が姥捨月見の記であることを示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android