コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越後流 エチゴリュウ

3件 の用語解説(越後流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えちご‐りゅう〔ヱチゴリウ〕【越後流】

上杉謙信の流れをくむ軍学の流派の総称。宇佐美流・神徳流・要門流の三流がある。謙信流。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えちごりゅう【越後流】

軍学の一派。上杉謙信を祖とし、祖述して三伝に分かれる。宇佐美定行の宇佐美伝越後流、加治景英の加治伝越後流、上杉義春の日本伝越後流。謙信流。越後家伝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越後流
えちごりゅう

甲州(武田)流と並ぶ近世兵法学の主要流派。戦国の名将上杉謙信(けんしん)の戦法を祖述した兵法学の汎称(はんしょう)。越後柏崎(かしわざき)琵琶島(びわじま)城主で謙信の軍師であった宇佐美駿河守定行(するがのかみさだゆき)を祖とする宇佐美伝と、蒲原(かんばら)郡加治城主で長尾家の書物預り役を勤めた加治遠江守景英(とおとうみのかみかげひで)を祖とする加治伝などがある。宇佐美伝では三伝の宇佐美造酒介良賢(みきのすけよしかた)(勝興。1590―1647)が江戸へ出て家伝の兵法を教授し、神武思想を指導精神として神徳流(しんとくりゅう)を唱えて名声を高め、晩年紀州の徳川頼宣(よりのぶ)に仕え、子孫代々家業を継いで宇佐美流を称した。同流の主要兵書は『武経要略(ぶきょうようりゃく)』で、良賢の高弟、栗田刑部寛安(くりたぎょうぶひろやす)が水戸藩に、隅田作左衛門是勝が岡山藩に伝流した。
 一方、加治伝では、1646年(正保3)三伝加治竜爪斎(りゅうはさい)景明から伝を受けた沢崎主水(もんど)景実(のち朝倉小軒。1625―83)が江戸へ出て、本郷のち芝に塾を開き、同派の根本兵書である『武門要鑑抄(ぶもんようかんしょう)』を大成し、また『要門軍命根(いくさつくね)』など多数の兵書を編述して、要門流(ようもんりゅう)の名を広め、門下に「要門の四家」といわれる高松正春、佐久間景忠、長谷川景重、依田英信をはじめ多くの俊秀を育成し、その門流は広く全国の諸藩に伝播(でんぱ)して幕末に及んだ。[渡邉一郎]
『佐藤堅司著『日本武学史』(1942・大東書館) ▽『日本兵法全集第2巻 越後流兵法』(1967・雄山閣出版) ▽石岡久夫著『日本兵法史 下』(1972・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越後流の関連キーワード上杉景虎獅子物兼国勅筆流流れを汲む長谷川流末流一河の流れを汲むも他生の縁桃家兼国(1)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越後流の関連情報