コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシ

デジタル大辞泉の解説

かし【×枷】

かせ(枷)」に同じ。〈和名抄

かせ【×枷】

《「かし(枷)」の音変化》
昔の刑具の一。鉄や木で作り、罪人の首・手・足などにはめて、からだを自由に動かせないようにするもの。桎梏(しっこく)。かし。
心理的、物理的に行動の妨げになるもの。「古いしきたりがになる」
他人の行動を制約するための言いがかり。口実。
「些(ちっ)とばかりの貸しを―に」〈鏡花歌行灯
三味線で上調子を弾くとき、音を高くするために用いる細い棒。木や象牙で作り、両端の穴に糸を通し、棹(さお)に当てて縛りつける。
俳優が自分の演技を効果的にするために使う人や物。
「懐より財布を引き出し、これを―に立ち回り」〈伎・小袖曽我

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

枷【かせ】

械とも書き,〈かし〉ともいう。昔の刑具で,罪人の手足や首などを拘束するもの。木製または金属製で,首枷足枷手枷などがある。
→関連項目刑具

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かし【枷】

かせ(枷)」に同じ。 〔名義抄〕

かせ【枷】

〔「かし」の転〕
刑具の一。首や手足にはめて、自由に動けないようにするもの。かし。桎梏しつこく。 「足-」
人の行動を束縛するもの。 「恩愛の情が-となる」
三味線で上調子を弾く時、弦を短くするために弦の上から当ててさおにくくり付ける駒こま
芝居で、演技を効果的にするために利用するもの。 「梅柳の立木を-に両人宜しく立廻り/歌舞伎・小袖曽我」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【刑具】より

…中国律の笞(ち),杖(じよう)は後者の例である。自由刑では手錠(手鎖(てじよう)),枷(かせ)が代表的であり,これらは戒具としても使用される。前近代の刑罰は一般に名誉刑的要素をもっているが,とくにその性格が著しい刑具に,西洋のさらし台,江戸時代の穴晒箱(あなざらしばこ),罪科を記した捨札(すてふだ)および幟(のぼり)などがある。…

※「枷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枷の関連キーワードカセミミズ(枷蚯蚓)仮面ライダー斬鬼ダウンパトリック国家安全保障会議箱根霊験躄仇討器官なき身体唐竿(唐棹)アジ・ダハカ観世音菩薩三界の首枷フェンリル晒(刑罰)鶤鶏駕籠三つ道具甲斐宗運遠藤周作船戸与一著釱政唐丸籠三味線

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枷の関連情報