コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身分権 みぶんけん

4件 の用語解説(身分権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身分権
みぶんけん

身分法上の地位 (子に対する親,妻に対する夫など) に基づいて認められる権利。親の子に対する親権や,夫婦関係に基づき配偶者に対して有する同居請求権などがこれにあたる。原則として,一身専属権であって,譲渡や相続の対象とならず,また他人がこれを代理行使することもできない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みぶん‐けん【身分権】

夫と妻、親と子というような親族関係における地位に基づいて与えられる権利。親族権と同義に用いられるが、相続権を含んでいうこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みぶんけん【身分権】

親族関係における地位に基づいて与えられる権利の総称。親族権のほか、相続権を含めていうことがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身分権
みぶんけん

夫婦・親子といった身分法上の地位に基づいて与えられる権利。普通は親族法上の権利と同義に用いられるが、相続権をも含んだ意味に用いる者もある。身分権は権利であると同時に義務をも包含している。民法は、夫婦については主として義務の面からこれを規定している。同居義務や協力扶助義務などといわれるものがそれである(民法752条)。これに対し、親子については親権というように権利の面から規定している(同法818条以下)。身分権は排他的な支配権能であって、他人の侵害に対しては妨害排除や損害賠償を請求することができる。[石川 稔・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身分権の関連キーワード枝調子請求ムント三角比熱意夫権輻射の積分法則公法上の規制子に対する扶養義務の準拠法に関する条約戦争犯罪および人道に対する罪に対する法令上の時効不適用に関する条約

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone