コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身毒/申毒 シンドク

デジタル大辞泉の解説

しんどく【身毒/申毒】

《〈梵〉Sindhu音写》漢代以降の中国で、インドを呼ぶ称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身毒
しんどく

古代の中国人がよんだインド地方の名称の一つ。天竺(てんじく)、印度(いんど)などと同じく、語源はサンスクリットのシンドゥーSindhu(インダス川地方)であるとされる。文献では『史記(しき)』「大宛(だいえん)列伝」の「大夏の東南に身毒国あり」という記載がもっとも古く、前漢の武帝(ぶてい)の時代、張騫(ちょうけん)の遠征から得られた知識からこの名が生まれたらしい。以後、唐代にかけては天竺、さらに後代には印度の用語のほうが一般化した。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の身毒/申毒の言及

【天竺】より

…中国で3世紀以降に多く用いられたインドの呼称。古くは〈身毒(しんどく)〉〈賢豆(けんず)〉〈天篤(てんとく)〉とも呼ばれていた。7世紀の中国僧玄奘はこの〈天竺〉の称が異議糺紛(きゆうふん)であるとして,正音にしたがって〈印度〉というべきことを述べており,唐代以後は主として〈印度〉の名称が用いられた。…

※「身毒/申毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

身毒/申毒の関連キーワード桜木ひろ子寺尾由布樹白石加代子岸田 理生妻鹿有利花石井愃一丸川敬之福士惠二星野園美磯村智彦蜷川幸雄矢野聖人村中玲子寺山修司藤原竜也蜂谷眞未桜山優尾関陸佐藤誓横道毅

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android